あいさつ

 千葉小児在宅歯科医療連携ネットは、在宅重症児の歯と口の健康を守ることを目的に設立した組織です。

医療の発達により、低体重児や障害を有する新生児の多くが救命されるようになってきました。そして最近では、医療依存度の高い重症心身障害児の在宅医療が増えてきました。(人工呼吸器使用23%、気管切開44%、酸素吸入29%、経管栄養93%)

 在宅で生活している超重症児のほとんどは、一度も歯科にかかったことがない場合が多いため、子供達の口腔内は悲惨な状況になっています。

千葉小児在宅歯科医療連携ネットでは、歯科医療の連携システムの構築と連携強化を行い、地域の歯科医師と後方支援病院の歯科との連携により「口腔衛生管理(むし歯・歯周炎予防)」「摂食嚥下障害」「言語機能障害」に対応しています。

 

                                     医療法人社団瑞祥会 いいづか歯科クリニック 飯塚真司